京都の紅葉の名所「高雄」にある宿。今回は離れスタイルの部屋がある別館を選んだ。京都中心地から、わずか15キロしか離れていないにもかかわらず、グッと奥まった里山風情が広がる。紅葉の時期は、とにかく、ものすごい人出となる為、高雄の紅葉をゆっくりと楽しむには、高雄に泊まってしまおうと半年以上前から予約。決して豪華な宿ではないが、スッキリと質素にまとまっている。スタッフの方々も、老舗にありがちの構えはなく、清々しい印象。何よりも、紅葉で名高い、神護寺・西明寺・高山寺の「三尾」めぐりの中心に位置している為、徒歩でこれらの寺を巡ることができ、歩き疲れたら、すぐ宿に入ることができるベストロケーションには大いに意味がある。春は新緑と桜、夏は舞妓はんの踊りを見ながらの川床料理や蛍が有名。質素な里山は魅力いっぱいのようだ。

京都府 高雄 もみぢ家

2010年11月20日〜2010年11月21日