ラベンダー発祥の地と言われる上富良野のペンション。窓からは、ラベンダーのむらさき色の絨毯が美しい日の出公園が見える。7月中旬はラベンダーのピーク、美瑛からも富良野からも、ちょうど中間地点にある、このペンションは、美しい景観を楽しむドライブの拠点にはちょうどよい。夕食朝食付きが基本だが、今回は、夕食は行きつけのレストランを予約してあったので、朝食のみでお願いした。このように融通がきくのも小ぶりなペンションならではの良さかと思う。食堂では、一日4組のグループがオーナーを交えて、ガヤガヤとやっている。オーナーはどうも、星好きが高じて、ここに居ついてしまったようだ。晴れた日には満天の星を仰ぎ見る事ができる土地柄、しかし、たとえ星が見えない日でも、吹き抜けの食堂の大きな窓を利用して、プラネタリウムが投影できる念の入れよう。各部屋には星の名前がついており、パブリックスペースには天体望遠鏡が何台も鎮座。ファンが多く、平日でも満室の日が続く。突然「今から行くけど、空いてる?」と連絡してくる常連もいるとかで、慌てて、使っていない私的な部屋を片付けるなんて事もあるようだ。トレードマークの「クマさん」は、どうも大柄のオーナーをモジっているようだ。

インターネット:全室無線LAN完備

携帯電話:docomoアンテナ5

SoftBankアンテナ3

北海道富良野 旅の宿ステラ

2011年07月16日〜2011年07月17日