西伊豆の土肥(とい)に、新たな宿がオープンした。我が家がよく行く「無雙庵枇杷」のオーナー氏が、母校の西豆中学校の跡地に夢を売る宿を実現した。

裏山を含む広大な土地に水辺を配置し、部屋はたったの8つ。すべての部屋は駿河湾に面し、窓からは富士山が海の上に裾野を引く風景が絵画のように広がる贅沢な立地を心ゆくまで堪能できる。

オープン直後の2011年末は、各所に書き込まれた評判は、はかばかしくなく、料理と施設は高得点だが、スタッフの方々への満足度が低いという口コミ。それを伝え聞いて、なんとなく合点がいってしまった。なぜなら母体の「無想庵枇杷」も施設などハード面は最新式で凝っているはいるものの、人というソフト面がからきしフニャフニャという、同じような面白い特徴があったからだ。枇杷は「旅館界の不思議ちゃん」と思っていた。その「不思議ちゃん」の系列なのだから、「不思議ちゃん2」だったとしても何の不思議もない。それがずっと気になって、オープンすぐの予約は控え、しばらく様子を見ていた。オープンから数カ月過ぎ、そろそろ、どんなものだろうかと好奇心が抑えられなくなり、訪問してみた。口コミからのイメージに半ば不安を抱えての宿泊だった。しかし、なかなかどうして、心配は掻き消えた。スタッフの方々は、オープン数カ月を経て、どなたも自信の顔つきをされ、受け答えも、しっかりしたものだった。「あ〜これなら大丈夫」とホッとした。「富岳群青」は「枇杷」とは別物なのだと実感した。

お部屋は、若干の和と多めの洋の組み合わせにオリエンタルのエキゾチックさを少々振りかけたような面白さがあり、各室の設えはまったく異なる。デザインの奇抜さにオーナー氏のこだわりを感じる。

食事もフレンチと和食の融合がすばらしく、地物の取り入れ方にも、斬新さがあり、大変気に入った。西伊豆という、伊豆の中では人が少ない場所に、ようもこれだけの施設を建てたものだと感心するほどゴージャスな宿は、駐車場には高級外車がズラリと並ぶ。古い温泉町の中で異色のニューフェイスは着々前進中。

また来たい度★★★★★(★5が満点)

インターネット:部屋内無線LAN可、全室iPad2設置

docomoアンテナ5、auアンテナ5、SoftBankアンテナ5

伊豆 水の里恷 富岳群青

2012年02月25日〜2012年02月26日