この居心地のいい室内の空気をお伝えできないのがもどかしい・・。京都には老舗旅館もハイクラスのホテルもワンサとあれど、昨今 私が注目しているのが、今回のような家を丸ごと借りる方法。古くなって利用しなくなった町家を現代人にも使いやすく再開発し、一軒借りとして利用できる家の事で、今、京都市内で着々と増えつつある。宿に泊るというよりも、賃貸住宅を借りるという形態だが、もちろん一泊でもOKで、ホテルを予約するのと変わらない。フロントも受付もないので、誰に気兼ねするでもなく、自宅でいつものように、だらしない格好でゴロゴロしていても大丈夫。基本的な物は全部そろっているから、パジャマと歯ブラシを持ってくれば快適そのもの。京都の建築美に感心しながら、まるで自分の家のような錯覚で宿泊することができる。チェックインの時刻を到着の少し前に管理会社に電話すれば玄関で待っていてくれる。室内で一通りの説明を伺い、鍵を受け取ったらチェックアウトまでは自分の家になる。京都には美味しい店がいっぱいあるので、食事がなくても何の問題もない。

上げ膳据え膳の旅館もいいが、ここに来れば「住むように泊る」形のトリコになることうけあい。今回の祇園新門前町は、お茶屋が立ち並ぶ祇園のど真ん中。夕刻には舞妓さんが普通に歩く素敵な佇まいが広がる。一軒貸しの町家は京都中心の魅力的な場所に点在している。訪問のたびに違う町家に泊るのも楽しい。

これから、何度も訪れそうな予感!

また来たい度 ★★★★★(★5が満点)

インターネット:無線LAN可能、無料、PC持参

docomoアンテナ5 auアンテナ5 SoftBankアンテナ立たず

京都 祇園新門前町 町家

2012年02月25日〜2012年02月26日