都をどりの会場「祇園歌舞練場」のすぐ横にある小さな町家が、2011年秋、丁寧に改修され、一軒貸しの町家宿「幸遊庵」として再スタートした。築100年近くになる古い家は、その黒光りした柱などは生かし、現代人が使いやすい風呂やミニキッチン、玄関には暗証番号によるオートロックなどを加え、祇園の一等地、花見小路に直結という地の利を生かしている。繁華な四条通りや先斗町、清水寺、八坂神社などなど、ゆっくりと歩きたい東山の観光名所は、すべて徒歩圏内にある。決してゴージャスではないが、お手頃価格で利便のよい立地を確保できるのは魅力。宿とはいえ、通常は無人になっており、当日の宿泊者だけが、その日の玄関の暗証番号コードを知らされる。宿泊者は家に「勝手に上がって」担当の人に電話する。しばらくすると担当の人がやってくるので手続き支払いをし、あとは勝手気ままにすごす。チェックアウトは午前11時だが、この時は、電話も何もしないで「ただ出てゆく」だけでOK。筋向いにはヤマト運輸の営業所があるので、荷物がある人は、行きは「支店止め」で送り、帰りは支店に持って行って自宅に送れば、ほぼ手ぶらで京都観光が可能。何でも手の届く場所にそろっている、小さな町家宿。所有者の方は別にいらっしゃるようだが、このような小さな改装町家を「京都町屋イン」という事務所が委託のような形で何軒か運営しているようだ。旅館やホテルよりも安価に、誰の目も気にせず出入り自由という気楽さは、新しい京都旅の形と思う。

また来たい度 ★★★★(★5が満点)

インターネット:有線LAN、無料、PCあり

docomoアンテナ5 auアンテナ4 SoftBank 5

京都 祇園 幸遊庵 町家

2012年03月10日〜2012年03月11日