Hyatt Regency Guam

2014年09月12日〜2014年09月14日

お気楽なトロピカルリゾートとして、しばしば訪れるグアム。3年の間隔が空いてしまったが、秋風吹き、日が短くなり寂しくもなった日本を抜け出し、再び夏を感じる為やってきたグアム。今回もハイアット・リージェンシー。

このホテルは、グアムでは老舗中の老舗、つまり古株だ。建物・施設の老朽化も目立つが、平均値として安心感が高く、毎回利用している。古くなった建物は、四六時中、どこかをリノベーションしている。今回も目立たず修繕が進んでいた。

このホテルは、日本人率も高いが、最近では韓国・中国からのお客さんがグッと増えており、ホテルのフロントスタッフも、それに対応すべく、国籍は多彩だ。グアムの基本は英語だが、言葉に困っても、日本人のフロント係もいるので心配はない。

予約の際、特にオススメは、リージェンシークラブの部屋だ。部屋サイズは普通部屋と変わらないものの、上階が約束され、12階にあるリージェンシークラブへの出入りが可能になる。朝は朝食、昼はお茶・ソフトドリンクとケーキ、夕方からはおつまみ多彩のカクテルタイムが好きなだけ利用できる。全部部屋代に込みの為、気分的にも非常にリラックスできる気持ちの良いラウンジタイムが過ごせる。クラブルームカテゴリーの部屋代は、少々高めとなるが、その気分の良さを考えると価値はあると思う。

今回は、普通のクラブルームを予約して出かけたのだが、スイートルームへのアップグレードを頂き、通常の3倍ものスペースがある部屋で、大人の休日を楽しむことができた。

ハイアットは、海に向かって間口が広いホテルの為、他のホテルに比べ長い海岸線を持つ。敷地のプールもゆったりと大きめで面白い。この流れるジャングルプールのようなプールは水が緩やかに動いている為、浮き輪などで浮かんでボンヤリしていると、ゆるゆると流されて、これまた気持ちがいい。小ぶりながらウォータースライダーもあり、これまた大人も子供も共に歓声を上げて楽しめる。

ハイアットがある界隈は、グアムでも最も派手な繁華街だ。徒歩で多くのレストラン、ショッピングエリアが目の前にあり、利便性を考えても無駄がない。

数年に一回は、この気楽なトロビカルが恋しくなる。

また来たい度 ★★★★★(★5が満点)

インターネット:ロビー、クラブラウンジ、部屋内 共に無線LAN完備(無料)