沖縄 古宇利島 ONE SUITE PANORAMA SUITE

2015年06月17日〜2015年06月18日

今年の2月に滞在し、すっかり気に入ったパノラマスイート。その時は大した期待もしていなかっただけに、外観からは想像できない室内の居心地の良さと、手の込んだ繊細な料理に驚き、帰宅後、早速今回の再訪予約をしてしまった。

どんどん開発が進む古宇利島。さとうきび畑を切り開き、来るたびに賑やかになり景観がどんどん変わってゆく。いいのか悪いのか・・・複雑な心境だ。

このパノラマスイートは、さとうきび畑ばかりの高台にポツンと作られた。2月に来た時は周りには何もなく360度の景観にため息が出た。・・・しかし4ヶ月経った今回は、到着し「あぁ〜何てことだ・・」と落胆に似たため息が出た。

パノラマスイートのリビングルームから海に向かうその視線の先、目の前に家が建ち始めたのだ。移住されてくる人がプチホテルをオープンさせる予定と聞いた。これではウッドデッキをパンツ一丁でウロウロするわけにわいかなくなった。テンションがかなり下がる・・・。 しかし気を取り直し・・・今は工事中だが完成したらエクステリアのグリーンなども植えられる訳だから、そうそうお互いに丸見えという自体にはなるまいと・・勝手に思い込んで納得しようと努力。

なにせ、一軒丸貸しという気楽な形態が大好きな我々は、このパノラマスイートの大人空間の存在は貴重だ。ガッカリしないで今後は残された良い面を見つけてゆかなければと思う。土地はどんどん売りに出されるだろうから、すごいスピードで周りに同じような家やカフェが建設されてゆくだろう。残念だがこれも経済とビジネスなので致し方ない。

今回も前回と同じく、この一軒家にケータリングという方法で食事を持ってきてもらうプランを選んだ。シェフが出張して目の前で料理をしてくれる、あるいは外で炭火BBQを焼いてくれるというプランもあったが、やはり第三者さんが来ると気を使うので、自分らで適当に自由に食事ができるケータリングを選んだ。これは気楽でいい。一風呂浴びてサッパリしてバスローブのままテレビをみながら好きなものを好きなようにつまむ。リクエストした飲み物がボトルで用意されるので、「酒の肴」がきれいに折り詰めされたケータリング料理はグダグダ過ごす夜に丁度いい。「酒の肴」として用意されるメニューなので、絶対白いご飯がないとダメと言う人は自分で用意し電子レンジで温めれば、酒の肴は立派なおかずになると思う。どの料理もワインや泡盛にピッタリで、沖縄ならではの食材が欧風にアレンジされておりセンスも抜群だ。誰の目も気にせず、食べた後に帰る道筋も気にせず、リビングルームで飲んで食べてテレビ見て、酔っ払ってバタンと寝る。またもや、そんな何ともよい大人の休日となった。

下階はリビングダイニングとキッチン。上階はベットルームにバスルーム。屋上もある。スペースはありすぎるほどある。

天候が許すなら、デッキや屋上で食事をすれば最高の食事になると思う。

とっても素敵な「別荘」で大人の息抜きができます。何にもない所で、鳥の声に耳を傾け、何もしない豊かな時間を過ごしたい方には、是非にお薦めです。利用した日は快晴で、見渡す限り青い空と白い雲、紺碧の海とザワワと音をたてるさとうきび畑。

どうか、静かな景観が少しでも長く続きますように。

隣に建設中の家は、おそらくあと数ヶ月は工事が続くだろうと思われ、大工さんが朝から夕方まで視界を横切る状態が続くだろうと思う。その後はどうなるかわからない。 また数カ月後にどうなっているか出向いてみようと思う。

また来たい度:★★★★(5★満点)景観が遮られる事に対し前回よりマイナス★ひとつ

インターネット:現在ADSL申請中だそうですが、いまだ環境なし。Wi-Fiルーターが部屋にありますが、速度は相当ゆっくり。PC持参  携帯電話; docomo アンテナ2〜4 テザリング良好 

その他;クレジットカード支払い可(チェックイン時、係の人がスマホで通信決済)