沖縄 宜野湾市 BASE SIDE INN

2016年06月13日〜2016年06月14日

普天間フライトラインフェアの開催日が発表され、3ヶ月前から予約を入れた。理由は、この宿が一軒家の貸し切りスタイルで気楽に過ごせそうな事と、普天間基地ゲートにとても近く、フライトラインフェアに行くならば最高な立地と考えたからだった。特段、それ以外の気持ちはなかったのだが、後から調べると、ホテル予約サイトなどでは常に好口コミランキングを維持している宿だった。

築50年以上という外人住宅を住みやすくリノベーションしたこの家は、3ベットルームという広さだ。普天間基地のゲートの近くには多くの外人住宅が現存しているが、メンテナンスが行き届いた家は少数派。

内装や調度は、すべてアメリカン中古家具との事。そのコーディネートが素晴らしく、女性のお客さんにはたまらないだろうと思う。まるでショールームのような様は「お客様に見せるコーディネート」を徹底しているオーナーさんの意向だ。オーナーさんは沖縄生まれ沖縄育ちの女性で華やかなマダムだ。30年以上前から、米軍勤務で在沖縄のアメリカ人のお宅を訪問、要らなくなった家具などを引き取る仕事を初められたそうだ。近くに店舗を持ち、現役のビジネスウーマン。このBaseside Innはそういうアメリカンな家具の展示の場にもなっているのだろう。カーテンやクッションの布地は、日本から撤退する高級海外ブランドが「売り尽くし」の時に大量に手に入れ、仕立てたものと説明があった。さすがのビジネスウーマン。

場所は普天間の高台にあり、庭に置かれた椅子やテーブルから碧い海が望める。外ではバーベキューも可能だ。住むように宿泊する、非日常というわけだ。ビーチや買物は徒歩圏内というわけにはいかない為、車は必需品だ。

キッチンには、自炊できる道具が全部そろっている、バスルームは広々。洗濯機・乾燥機も完備されている。

まったく言うことなしの居心地のよい「外人住宅」でした。

生憎、今年の普天間フライトラインは諸般の事情により延期となってしまい、おまけに天候は優れず、大雨に見まわれ、青い空碧い海とはいかなかったが、普天間に用事がある時は、利便性を思うと、利用度大のお家でした。

また来たい度:★★★★★(5★満点)

インターネット:無線LAN可、利用無料。PC持参。